星座

【魅力的なキャッチコピーを作る3つの方法】

今の世の中、同じような商品が山のようにあります。

多くの似た商品から必要とする商品を探す為にお客さんが選ぶ基準は何でしょうか。

 

お客さんは欲しいものを選ぶ際に、抱えている悩みを解決する商品を探しています。

お客さんの注意をひき、興味を持ってもらい、購入して頂く。

この購買行動への流れを作るのがキャッチコピーです。

今回はキャッチコピーを作る3つの方法をお伝えします。

魅力的なキャッチコピーを作る3つの方法

1:ターゲットを明確にする
2:ベネフィットを伝える
3:具体的な数字を入れる

青い空

 

1:ターゲットを明確にする

あなたの商品は誰に向けたものですか。

沢山の人に使ってもらいたい

このような気持ちがあった場合でも、敢えてターゲットを絞る必要があります。

キャッチコピーの目的は、

注意をひき、興味を持ってもらい、行動(購入)してもらうこと

この流れを作るとき、このキャッチコピーの読み手は

「これは自分の事を言っている!」と強く感じて貰う必要がある為です。

すべての人がターゲットと考える場合、魅力的に書いたメッセージすら曖昧になり、

お客さんの心に響かなくなってしまします。

その為にあなたの商品は誰に向けた商品かを明確することが大事です。

 

2:ベネフィットを伝える

ベネフィットはメリットと違うものです。

メリットは商品そのものの利点ですが、ベネフィットは

「お客さんが商品を購入した先にどうなるか」を示します。

A:この商品は脂肪がメラメラ燃える成分が入っています。
B:今からでも間に合います。今年はビキニで夏の海を楽しめます。

ダイエットしたいお客さんはどちらを魅力的と感じるでしょうか。

 

3:具体的な数字を入れる

キャッチコピーの最終目的は購入してもらうことです。

今買わなくちゃ、という行動を起こしてもらうには具体的な数字を入れると効果的です。

1か月で違いが判る育毛剤
2か月でTOEICが150点アップします
10日で1.5kg痩せた筋トレ法
前回2分で完売したコンサートチケットです

このように、具体的な数字を入れると購入への行動が早くなります。

人は希少性や限定品などの言葉にも敏感です。

 

【まとめ】

キャッチコピーの目的は、注意をひき、興味を持ってもらい、行動をさせることです。

その為には、ターゲットを絞り、ベネフィットを提示し、具体的な数字を示すこと。

さあ、あなたの商品のキャッチコピーを考えてみましょう。

おすすめの記事